最速配信中!マンガ『世界の終わりのいずこねこ 完全版』(=何ω処=)

最速配信中!マンガ『世界の終わりのいずこねこ 完全版』(=何ω処=)

『世界の終わりのいずこねこ 完全版』〈茉里ver.〉〈ミイケver.〉を西島大介.comで2022年1月20日から電子書籍で配信開始いたしました。

通常各マンガアプリでの配信は2022年2月22日2時22分(スーパーいずこねこタイム)なのですが、西島大介.comでは約1カ月前倒しで配信です。


(=何ω処=)


『世界の終わりのいずこねこ』とは?

世界の終わりのいずこねこ

『世界の終わりのいずこねこ 完全版』は2015年の同名映画を原作とするマンガ。2014年に解散を決定したアイドル「いずこねこ」の音楽やSF設定を元に、西島大介・竹内道宏監督共同脚本で映画となりました。

世界の終わりのいずこねこ

主演はいずこねこ茉里(泉茉里さん)と蒼波純さん(ミスiD)。その他永井亜子さん、緑川百々子さん、「ゆるめるモ」、姫乃たまさん、宍戸留美さんといったアイドル・地下アイドルの皆さんが多数(西島大介もミイケ先生役で!)出演しています。


『世界の終わりのいずこねこ』のあらすじ

世界の終わりのいずこねこ

舞台は2035年。20数年前に東京で発生したパンデミックにより、人々の多くは関西へ移住し「関西新東京市」を建設。「木星人」の巨大宇宙船から「猫缶」など「支援」を受けるようになっていました。

世界の終わりのいずこねこ

世界の終わりのいずこねこ

10年後に地球に衝突するとされる隕石が観測され、ほとんどの人間は諦めの中に生きています。

世界の終わりのいずこねこ

世界の終わりのいずこねこ

その中で前向きに生きる主人公・イツ子と、反木星デモを続ける友人・スウ子。世界の終わりが迫る中、変えがたい日常を突破するのは外から来る隕石や宇宙人なのか。それとも?


〈茉里ver.〉〈ミイケver.〉って?

マンガ『世界の終わりのいずこねこ 完全版』は〈茉里ver.〉〈ミイケver.〉の2種類。

世界の終わりのいずこねこ

〈ミイケver.〉はマンガ本編のほか、インタビューやいずこねこ茉里(当時の「プラニメ」のミズタマリ)さんとの対談、西島大介による映画の制作日記など大ボリュームのテキストが収録。

世界の終わりのいずこねこ

世界の終わりのいずこねこ

世界の終わりのいずこねこ

世界の終わりのいずこねこ

〈茉里ver.〉は〈ミイケver.〉とマンガ本編は変わりませんが、いずこねこ茉里さん、蒼波純さん、緑川百々子さんたちのグラビア写真が約40ページ追加されています。写真は写真家・飯田エリカさんによるもの。それぞれのアイドルのファンの方のみならず、映画とマンガの世界観で相互補完された作品としても楽しめます。


読み放題プランがお得。まずは試し読みを!

人が生きる上で、人が繋がる上で近年大事にされてきている「推し」の概念。そして、一瞬の青春だからこそ輝く「アイドル」が突破できるもの。『世界の終わりのいずこねこ』は2015年の作品ですがパンデミックや閉塞感など2022年現在にもどこか通ずるテーマがあります。


「読み放題プラン」をご購入いただいていれば、特に何も操作いただかずとも楽しめます。しかも1作分の料金で〈茉里ver.〉〈ミイケver.〉両方読むことができるだけでなく、『世界の終わりの魔法使い』『ディエンビエンフー』など36作以上も読み放題。

読み放題プランを購入する


もちろん単品作品としてもご購入いただけます!

(今後単体商品もepubビューアで閲覧可能になる予定です。ご購入いただければ改めて対応完了後順次ご連絡させていただきます)。

2022/1/26追記 単品商品のepubビューアの対応については実装の実現が短期的には難しく、導入を一時見送っております。大変申し訳ございません。別途サービス向上の手段を探ってまいります。


まずはこちらから試し読みをどうぞ!

『世界の終わりのいずこねこ 完全版』を試し読み

Placeholder image

西島大介
(Daisuke Nishijima)

マンガ家・イラストレーター・現代美術作家。1974年、東京生まれ。2004年『凹村戦争』でデビュー。作品にベトナム戦争を描いた大長編『ディエンビエンフー』や、ファンタジー長編『世界の終わりの魔法使い』など。詳しいプロフィールはプロフィールページをご覧ください。当ブログは西島大介および西島大介.com運営担当により更新されています。