Webサイトをリニューアルしました。読み放題サービスもスタート!

Webサイトをリニューアルしました。読み放題サービスもスタート!

西島大介.comへようこそお越しくださいました。2021年12月17日、Webサイトをリニューアルしました。


これまではJimdoを使っていましたが、daisukenishijima.comのドメインを新たに取得し、EコマースプラットフォームShopifyで構築しました。

Shopifyで制作した背景としては、グッズや電子書籍を販売する体制が比較的簡単に整えられるのと、サブスクリプション機能も実装できるためです。

漫画家本人によるこういったShopifyの活用は日本ではあまり例がないことかと思われます。

読み放題プランも開始!初月は半額(12/31のお申し込みまで)


読み放題プランでは890円/月で西島大介のマンガ作品34作(2021年12月現在 ※)が読み放題になります。

※12/17『歯くん 小児歯科矯正物語』を追加しました。

新しく追加された既存作品の電子化や、新作も随時更新予定です。会員の方には限定コンテンツも随時更新していきます。現在はペン入れ後の状態で楽しめる『世界の終わりの魔法使い』私家版5巻、6巻をpdfで公開中。

※ボツ企画のキャラ設定も!

ぜひ登録をお願いいたします。

読み放題プランを購入する

『世界の終わりの魔法使い』1~3巻無料公開中!

世界の終わりの魔法使い無料公開中

またサイトオープン記念として西島大介初期の代表作『世界の終わりの魔法使い』1~3巻を無料で読めるようにしています。期間は未定。今のうちにぜひチェックを。12月6日には5巻が発売されました。こちらもぜひ読んでみてください!

『世界の終わりの魔法使い』1~3巻を無料で読む

他作品も無料試し読みあります

『ディエンビエンフー』『ヤング・アライブ・イン・ラブ』など他作品も試し読みできます。

二次創作、広告等に活用できる画像も

ちなみに『世界の終わりの魔法使い』は「影の魔法のライセンス」の範囲内であれば、自由に創作や企業活動に画像・ストーリーなどを利用いただけます。詳しくはこちらのページで。


西島大介は2020年に個人電子出版レーベル「島島」を立ち上げました。版権管理を自ら行い、出版社からだけでなく個人で出版する漫画家です。各電子書籍ストアへの配信やキャンペーンは電子取次「電書バト」さんと連携しています。

本サイトの運営は株式会社TOGLが行っています。

西島大介.com

令和元年メディア芸術支援を受けての活動、ボードゲームの制作、作家自ら海外版の進行を行うなど漫画家として新しい挑戦を続ける西島大介(詳しくは『電子と暮らし』をぜひ)。

 

西島大介のコメント西島大介

漫画家の西島大介です。

代表作の『ディエンビエンフー』『世界の終わりの魔法使い』は、どちらもスタートから完結まで15年以上の長い時間を費やしているシリーズです。しかし長期の連載で単行本の入手が困難になったり、出版社の移籍で単行本が揃えにくかったり、熱心な読者の皆さんに作品を適切にお届けできないことが度々発生していました。大長編はともかく、単巻で終わる作品はもっと入手困難。そして著作数は膨大。実際書店で、「西島さんの本、全然ないなぁ」と悲しい思いをした方も多いはず。しかし、新しいサービス「西島大介.com」があれば、その悲しみは無くなります。

「君を、もう、書店で泣かなくていいようにする!」が、サブスクリプション機能を実装する「西島大介.com」のミッションです。大長編シリーズ、書店では手に入らない単行本、レアな短編や設定資料、ネーム、企画書まで? 「西島大介.com」は作家個人の電子図書館であり電子美術館になるでしょう。世界一小さい、作家単位の「ディズニープラス」とも言えそうです。複数のアプリに配信される電子書籍の新作も「西島大介.com」では、先行配信する予定です。

新しい試み「西島大介.com」をTOGLさんのご協力のもと立ち上げられることをとても嬉しく思います。紙からデジタルへ、そして作家単位のサブスクへ。このエコシステムが整えば、例え出版業界が崩壊し、街から書店が消え失せても、完結した『ディエンビエンフー』のその先や、来年6部作で完結する『世界の終わりの魔法使い』の続きを、僕はビジネスの制約なく自由に描き適切にお届けできるようになるはずです。

豊かな発想で未来を実装。大切なのは初期衝動。「西島大介.com」ぜひご参加ください。



株式会社TOGL・代表取締役 平田提のコメント

ご自身の人生や制作背景が作品に反映されていくのが西島さんの面白いところだと思っています。ただマンガ家ご本人がPRや収益手段の確保を続けるのはとても難しいこと。
カルチャーマガジンZing!(現在は終了)で一度編集を担当したご縁で何かお手伝いできないかと考えて西島さんとお話したところ、公式サイトのリニューアルやWeb編集エージェント業を弊社で一部担当させていただくことに。これからも西島大介ファン、マンガを愛するみなさんに喜んでいただけるサービスを続けていきたいと考えております。


今後の挑戦と「西島大介.com」をどうぞよろしくお願いいたします!

Placeholder image

西島大介
(Daisuke Nishijima)

マンガ家・イラストレーター・現代美術作家。1974年、東京生まれ。2004年『凹村戦争』でデビュー。作品にベトナム戦争を描いた大長編『ディエンビエンフー』や、ファンタジー長編『世界の終わりの魔法使い』など。詳しいプロフィールはプロフィールページをご覧ください。当ブログは西島大介および西島大介.com運営担当により更新されています。