西島大介プロフィール

西島大介

マンガ家・イラストレーター・現代美術作家


西島大介は1974年、東京生まれのマンガ家です。2004年に描き下ろし作品『凹村戦争』でマンガ家デビュー。ベトナム戦争を描いた大長編『ディエンビエンフー』シリーズや、ファンタジー長編『世界の終わりの魔法使い』など、史実や空想を題材に、常に独創的な作品を生み出してきました。シンプルでデザイン性の高い絵柄と、シリアスな物語が特徴です。企業・団体等のキャラクター・デザイン、イラストレーションを数多く手がけるかたわら、音楽制作や現代美術家としての展示、ボードゲームを含むグッズ制作など、インディペンデントな活動も行っています。2020年にレーベル「島島」を設立し、作品の電子配信を行っています。

1 / 4
  • 『凹村戦争』

    『凹村戦争』

    第8回文化庁メディア芸術祭(2004)審査員推薦作、第35回星雲賞アート部門受賞。

  • 『ディエンビエンフー TRUE END』

    『ディエンビエンフー TRUE END』

    第21回(2018)、第22回(2019)文化庁メディア芸術祭マンガ部門審査員推薦作。

  • 『すべてがちょっとずつ優しい世界』

    『すべてがちょっとずつ優しい世界』

    第三回広島本屋大賞(2013)受賞。第17回文化庁メディア芸術祭(2013)マンガ部門審査員推薦作。